介護職員初任者研修の資格取得について

介護に従事する人の資格として、従来はホームヘルパー2級という資格がありましたが、2013年4月から制度が変更となりました。この制度変更によって、ホームヘルパー2級から「介護職員初任者研修」に移行されています。移行される前にホームヘルパー2級を取得しているという場合には、この新しい介護職員初任者研修と同じ扱いとされています。

 

介護は将来的にもさらに強化が必要な分野であるため、分かりやすい制度にして、より多くの人が介護の仕事で働くことができるようにするために、このような変更がなされました。

 

・介護初任者研修とはどのような資格?
介護職員初任者研修は、介護に従事する人にとって初級的な資格の位置付けです。介護の仕事を行う上で必要となるような基本的な事項を網羅しているため、これから介護の分野で働く人にとっては学習するのに良い資格なのです。逆に言えば、これから介護の仕事をするためには、この資格を取得しておけば非常に大きな武器になるということができます。

 

また、介護の仕事では高齢者や体が不自由な人と接するため、しっかりとした知識や技術を身につけている必要があります。介護の仕事に興味を持っている人は、まずこの資格の取得に挑戦すると良いでしょう。

 

・介護職員初任者研修の科目と学習方法
介護職員初任者研修の科目はいくつかの項目に分かれていますが、それぞれの研修事項の合計時間は130時間にも及びます。この中で、介護に関する基本的な事項を学んでいきます。高齢者の介護だけでなく、体が不自由な人の介護についても学びます。

 

このような介護職員初任者研修を取得するためには、専門学校に通うことが資格取得への近道といえます。専門学校ではしっかりと体系的に教えてくれるため、学習するスピードも速いので効率的です。このような専門学校では、現在仕事をしている人でも受講することができるようにカリキュラムが設計されています。例えば、通信講座による受講が可能であったり、仕事終わりに通うことができるような時間帯に開講していたりします。まずは、専門学校のパンフレットなどを入手して、どのようなカリキュラムがあるのか確認してみると良いでしょう。他にも、受講できなかったときの振り替えの制度やビデオ学習などの制度が充実している学校もありますので、いくつかの学校を比較検討してみましょう。受講料などもある程度かかりますので、自分にあった学校を見つけることが重要です。長い期間継続して勉強する必要がありますので、自分の生活に無理のない範囲で続けられるかどうかも大事な判断材料でしょう。

 

高齢化社会が進んでいくため、医療や介護を必要とする人はこれからますます増えていきます。このような状況によって、介護の仕事をやりたいという人も多くなってきています。しかしながら、まだまだ人材が不足しているという問題は解消されていません。したがって、介護の仕事をする人の需要はこれからも高いという状況は続くでしょう。大変な仕事ではありますが、やりがいのある仕事でもあります。介護の仕事に関する初級的な資格ともいえる介護職員初任者研修を取得して、社会に貢献する重要な仕事を目指しましょう。